下剤をやめたい

下剤がもたらす怖い副作用

現代社会では女性の2人に1人は便秘に悩んでいます。
便秘を解消するには、運動したり、食物繊維を積極的に摂ったり、
水分を多く飲むようにしたりといろいろありますが、
これらは即効性があるものではなく、
続けることで少しずつ便秘が改善されるというものです。
けれども、中には何日も出ないため、今すぐに何とかしたいという人や、
効果がでるまでゆっくり待てないという人もおり、
これらの人は下剤を服用しているようです。
確かに下剤を飲めば、即効で便意をもよおし、
排便できるので一時的にはすっきりするかもしれませんね。
ただし、下剤の服用はあくまでも強制的に排便することが目的であるため、
根本的な便秘の改善にはなりません
むしろ、下剤を服用することで表れる副作用のほうが心配です。
下剤服用の副作用としては、お腹の張りや痛みという軽いものから
腎臓病への影響や逆に便秘を重症化させるものまでさまざま。
また、長く続けることで自力で便意をおこせなくなり、

下剤なしでは排便できないという状態にもなりかねません。


下剤を飲むとどうして腹痛や吐き気がするの?

下剤を飲んだことがある人ならわかると思いますが、腹痛や吐き気などを感じることがあります。
下剤も薬なのですから当然副作用がおこり、特に腹痛や吐き気などを感じる人が多いようです。
下剤の服用によって腹痛や吐き気がおこるのは、その強い刺激性にあります。
もともと下剤は、大腸の粘膜を刺激することで腸の蠕動運動を活発にして排便を促すものです。
ですから、本来は大腸で作用しなければならないのですが、
大腸まで届く前に胃酸によって溶け出すことで胃の粘膜を刺激して、
激しい腹痛や吐き気、場合によっては嘔吐なども見られるというわけです。


下剤を飲み続けるとどうなるの?

便秘になるとお腹が張って辛いものです。

そのため、すぐに何とかしようと下剤を服用している人も多いようですね。
下剤は無理やり腸の蠕動運動を促進することで排便を促すもので、服用後数時間もすれば効き目が表れます。
比較的短時間で効果が得られることから、辛い便秘から逃れたい一心で下剤を服用してしまうようですね。
けれども、下剤には習慣性があるため、飲み続けることで効果が得られにくくなります。
また、カリウムが減少してしまうので、むくみや不整脈、腹痛、吐き気、発疹などが見られることもあります。
人によっては便意は全くないのに副作用だけが強く表れるという最悪のケースもあるようです。
また、無理に蠕動運動をさせるわけですから、長く続けていると自分の力で
蠕動運動することができなくなったり、蠕動運動をするだけの筋肉がなくなってしまうこともあるのです。
そうなると下剤の使用量がどんどん増えていき、さらに副作用が強くなって・・・という悪循環に陥ってしまいますね。
そこで、おすめなのが「カイテキオリゴ」なのです。
天然成分でできているカイテキオリゴなら、副作用もなく自然な排便が期待できますよ。

 

 

 

 

 

 

カイテキオリゴが下剤よりもおすすめの理由

「日本で一番売れているオリゴ糖」として知られている「カイテキオリゴ」。おすすめの理由は3つです。

 

理由1 厳選された純度ほぼ100%の天然オリゴ糖
北海道産のてん菜、牛乳、樹木を原料とした、純度の高い厳選されたほぼ100%の天然オリゴ糖なので、下剤のような副作用が全くありません。続ければ続けるほど、腸内環境が整い、自然な排便を促します。

理由2 独自に開発したEOS理論に基づいた完璧なオリゴ糖
研究によって発明された独自のEOS理論により、複数のオリゴ糖を組み合わせることで単一成分のオリゴ糖以上の効果が期待できます。つまり、腸内の善玉菌をまんべんなくサポートして活性化させることができるパーフェクトなオリゴ糖なので高い効果が期待できます。

理由3 飲む時間を気にせずいつでも手軽に摂取
自然な排便なので、下剤のように排便の時間を考えて飲む時間を逆算する必要がありません。飲む時間に特に決まりはなく、自分のライフスタイルに合わせて、水はもちろん、温かい飲み物や冷たい飲み物に混ぜて気軽に飲めるのが特徴です。
ほんのり甘い程度なので、料理に混ぜてもOK。

 

 



このページの先頭へ戻る